Dentistry

便利になっている

歯医者の治療費は一日当たりの金額が高い

dental care

医者の中でも整形外科や歯医者の治療時間は一般の診療所よりも長くなることが多いのが普通です。いずれの場合にも初診の時にはレントゲンを撮って治療方法を決めるためです。歯医者の場合には虫歯の進行状況がレントゲンの写真を見ればある程度分かりますので神経をどう措置するかによって治療方法が異なります。神経まで及んでいる場合には麻酔で神経を殺す治療を行いますし、神経を生かすのであれば痛みを感じないように麻酔をかけて治療をします。いずれにしても虫歯の治療には何日もかかります。以前は治療すると金歯や銀歯を被せていましたが、最近は目立たないように歯の色に近い材質を使うようになっています。金額的にも金歯などよりは安く済んでいます。

予約で待ち時間がなくなるので便利になっている

歯医者の治療は時間がかかるので以前は前の患者の治療が長引いて長い間待たされることがありました。歯医者に行くときには待っている患者の数によってはその日の治療を諦めなければならないこともありました。待って治療してもらう場合にも待ち時間が長くなるので、本を持参して待つことが当たり前でした。世の中が忙しくなるにつれて、待ち時間の無駄が認識されたせいか現在はほとんどの歯医者が予約制を実施しています。一般的には20分から30分の間隔で患者に時間を指定していますが、良心的な歯医者では治療が長引いても待ち時間が生じないようにするために一時間程度空けて予約を取っているケースもあります。ほとんどの場合は手空きの時間が生じるようですが、良心的な歯医者ということが出来ます。